isihara のすべての投稿

シングルバーナー2機種

何気なくネットでシングルバーナーを検索していたら、アマゾンで重量25gのものを見つけた。値段がなんと1428円。有名メーカーのものは安くても5000円超だし、軽くても100gくらいである。

これは買うしかないと思い、いろいろ調べていたら、さらに、重量100g前後で値段497円というものもあった。もちろんどちらも中国製で、送料無料。こうなると、両方買うしかないではないか。

注文したら、発送の記録があるのになかなか来ない。そうこうしているうちに、アマゾンのマーケットプレイスを使った詐欺の記事を読んだ。その特徴は販売元が中国

IMG_0598
①25.5gのシングルバーナー

でべらぼうに安く、到着予定が2週間後以降。まさにぴったりで、こりゃだまされたに違いないとほとんど諦めていたら、まもなくちゃんと着いた。中国からなので時間がかかったのだ。

①25gのものは、BRS-3000T 2700W

②497円のものは型番が表示されていないのでURLを張り付けておく。

https://www.amazon.co.jp/dp/B00UUO3ZGC/ref=twister_B00Y9OR0G0?_encoding=UTF8&th=1

IMG_0599
炎に問題なし

①はとても小さく、実測25.5g。私の、白魚のような親指の一回り大きいくらいで点火装置なし。ポーチがついていて、合わせて28g。火力も問題なし。炎とガスカートリッジの距離が短いので、本体を通じてカートリ

IMG_0597
②497円のシングルバーナー

ッジに熱が伝わりやすい。

口コミには怖いとみる向きもあるが、冬季はかえってメリットになると思われるし、我々ほどのレベルになるとお湯さえ沸けばよく、鍋で宴会して飲んだくれ二日酔いになって取りつきでゲロを吐いて敗退するようなことは決してない(こともないか)。点火装置がないのでライターが必要となるが、100円ライターを追加しても総重量50g未満。

②は実測で96.5g。オレンジのプラスチックの容器を入れて113.5g。私が買ったときは497円だったが、5月5日現在では491円に下がっている。青い炎でよく燃える。

IMG_0600
こちらもよく燃える

日本製を差し置いて中国製の物を買うのは心苦しいが、いずれも作りはしっかりしており、性能的に問題ないとなれば、どうしても安いほうに気持ちが向いてしまう。まあ、今後、何度も使ってみて、支障がないか試さなければならないが、壊れても、この値段なら文句のつけようもない。

しかし、安いとはいえこんなに買ってどうするか。これまで持っていたバーナーもあるが、山には一個しかもっていかないので、軽いのがあればいい。重いほう(と言っても十分軽いが)は予備。今まで使っていたやつ(昔後輩が送別の品で送ってくれた思い出の品)は天災に備えて家族の元に置いておくことにしよう。(すでに古いのが三つ四つあるが)

 

 

 

雪彦山地蔵岳東稜

 雪彦山は、昔大阪に住んでいたころに何度か登りに行った。久々に大阪に単身赴任で来て、細々と岩登りをしているが、関西でマルチピッチできるところと言えば、大台ケ原の千石嵓かここくらいしかない。五十肩が進行しもうすぐ六十肩になろうかという僕が登れるのはせいぜい3級なので、地蔵岳の東稜に決めた。ここは、今回初めての挑戦だ。昔、不行岳に登った記憶は微かに残っているものの、アプローチがどうだったかなど、ほとんど覚えていない。まあなんとかなるだろう。

 5月2日夜9時出発、途中眠くなってSAで仮眠をとる

右手に地蔵沢
右手に地蔵沢

も、ナビの設定を間違えて変なところを徘徊した挙句、雪彦山登山口手前の駐車場に着いたのは午前1時過ぎ。車の中で寝袋に入り寝る。5時起床。すでにあたりは明るい。コンビニで買った朝飯を食べ5時半に出発。

 右手に沢を見ながら登山道を歩く。道は「出合」と看板のあるところで沢を横断する。ここでに沢に入る。どこかで右岸の沢に入るべきかと思うが、よくわからないまま遡行を続けると、また登山道が沢を横断している。左に行くと地蔵岳、右に行くと下山道と標識がある。少しだけそのまま沢沿いの道を遡行するか、やはりおかしいと思い引き返す。最初に出てきた右岸の枝沢に入り遡行していくと、ガラ場となったところにオレンジ色のヘルメットが落ちている。最近落としたばかりのようで、まだ使えると思い拾う。ガラ場はかなり急で、登ろうとするが、足元が崩れてやばい。一旦降りるが左岸から巻けば行けそうだ。小さなゴルジュに入り進んでいくと、チムニー状に行き当 たり、それを越えたら、大きな鎖が見えた。登山道だった。そのまま道を登ると、すぐに地蔵岳の頂上への分岐があった。頂上から感覚を掴もうと思い、見下ろすもよくわからない。が、登ってきた沢は、目指す不行沢の一本右のようだ。

 再び沢を降り、枝沢がないか確認しようとしたが、下りは左岸を高巻いてしまい、右岸の様子は分からなかった。出合の看板のある登山道に出て、しばらく降り、沢とも尾根とも判別のつかない緩やかな斜面に入りしばらく登ると沢が出てきた。これかな? だんだん急になったところで右手の尾根に登ると、壁らしきものが木々の間から見える。期待して進んだが、出て来たのはフリーをやるには魅力的な前傾壁。開拓の進んだゲレンデだった。

IMG_0571
魅力的な前傾壁

ここが地蔵の正面壁だったら、東稜取り付きはもっと左のはず。引き返し、起伏に富んだ斜面を苦労しながらトラバースしていくと、人声がする。嗚呼、やはり東稜に登りに来たクライマーの声に違いない。それにしてはやけににぎやかだ。はて、と思ったら、また登山道に出た。そこは出雲岩から天井岳に向かう一般道だ。そのまま登り、出雲岩を経て、天井岳で他の家族連れなどの登山者に交じり昼食。さらに地蔵岳を経由して、再び件の登山道を降り、沢を避けて一般ルートを進み3度「出合」の看板を見る。すでに12時を過ぎていた。

 もうアプローチ敗退しかない。せめて、取り付きまでの道を確認して次回に生かそう。登山体系の大雑把な記事と図を見る。沢に入ってすぐ右岸に落ちる沢を遡行せよということかな。

IMG_0591
この左が登り口だった


 果たして、すぐに踏み跡とペンキが出て来て、僕を導いくれる。樹林の間についに壁が出現。しかし、三級のはずなのに初っ鼻が少しかぶっていて難しそうだ。怖いと思ったので携帯で東稜取りつき写真を探ると明らかに違う。やっぱ違う壁か? しかし、少し沢を登って見ると、登山体系にも記載のチョックストーンが見える。その左脇にロープが垂れている。それを掴んで這い上がると、そこが東稜の取り付きだった。
 さて、もう一時過ぎてるし、じゃあ帰ろうかと頭は考えているのに、体が勝手にリュックから登攀具を取り出し、身体につけ始めている。俺何やってんだ、と思いつつ、まあ、何ピッチも登ってビバークした時のことを思えば、これから取りつくのもありかな。夜間登攀だってできないわけではないな。曇っていはいるが、天気持ちそうだし。

荷物をバッグに詰め替え、ロープの端を残置ボルトに固定して、空にしたリュックにもう一端からロープを詰めていく。ガルダーを応用した確保をハーネスにセットして取り付く。ふとヘルメットをかぶってないのに気づいて降りる。そういえば持ってきたヘルメットを見なかった気がする。バッグの中には、さっき拾ったヘルメットしかない。しまった。車に忘れた。しょうがない。手にしたやつを借りることにする。やはり登れということだな。

 さて、取りつきから簡単な三級を登る。改良した確保システムはとりあえず快適。ただ、ガルダーヒッチからロープを引っ張りだす時に、アンカー側とリュック側の両方からロープが出てくるので労力の割に繰り出す量が少ない。そのため、やばそうなところに出てくると多めに繰り出しておこうとなるが、そうすると、墜落距離も伸びることになる。できればアンカー側に逆流防止の仕組みが欲しい。それに、小墜落実験では完璧に止まったが、大墜落で止まる保証はない。よって人にはお勧めできない。
 2ピッチ登ると広いバン

IMG_0579
2ピッチ目の途中

ドに出る。そこから垂直の壁なのでビビるが豊富なホールドに助けられ、数手登ると立派なペツル。その後は特段難しいところもないが、高度感満点。登り続けると、上の方に太い松の木が見えてくるが、ロープはそこまで伸びない。手前のリングボルト2本でピッチを切る。先行パーティが最後の頂上フェースを登っているのが見える。

 懸垂で下り、荷物をリュックに詰めて登り返すも、あと少しなのでそのまま必要量だけロープの確保を取り登る。松の木のさらに上の安定したところで確保を解除する。トポではそこからコンテとなっている。少し登ると馬の背のとりつきに出るが、左に巻道がついている。馬の背を登るかどうか迷ったが、すでに16時を回っている。トポにも巻道のことが書かれているので、それをたどる。馬の背のピナクルのコルに虎ロープで梯子がセットされている。掴んで登ると、頂上フェースの基部に出た。

 最も楽そうなカンテから凹角に回り込み少し登ると安定した松の木のテラスに出る。先行パーティは右のフェース状の

IMG_0585
2度めの地蔵岳頂上

厳しいルートを取っていたようだが(実にこれが核心部だった)、左に回り込んだらノーロープでも行けそうな岩場があり(実際一般登山道だった)、そこを登り切ったところに頂上があった。今日二度目の地蔵岳頂上だ。

 あとは一般道を3度目の下り。途中、「出合」の看板のところで、取りつきに向かう道を確認し、駐車場に着いたのは18時半。雪彦温泉を目指すが、すでに営業は終了していた。残念。
 なお、オレンジのヘルメットに心当たりの方、YCCのホームページから連絡されたし。20170513_012434734_iOS