isihara のすべての投稿

八ヶ岳真教寺尾根~県界尾根(2019年5月)

ゴールデンウィークはなんとか時間がとれそうだ。長いことまともな山行をお休みしていたし、歳もとったので、体力に自信はない。若者と一緒に行くと足手まといになるのは確実。単独で手頃なルート、八ヶ岳の真教寺尾根はどうだろうか。夏は一般ルートだが、積雪期は登山体系にも載っているバリエーションである。大昔二人パーティで行ったはずだが、記憶力がほぼ皆無なので全然覚えていない。5月2日登攀とした。

大阪時代に所属していた岳僚山の会の先輩Nさんが5月3日に黒戸尾根を登るため、前日早めに山梨方面に来る。下山したら、ふもとで一緒にキャンプすることにした。

5月1日夜、自宅のある埼玉を、車で出発。結構な雨。予報では真夜中には止むはず。24時前に八ヶ岳麓の美し森ロッジに到着。下の無料駐車場に車を停め、助手席で総重量2キロの羽毛シュラフに潜り込む。

朝4時半起床。寝坊した。あまり寒くない。カップうどんを食べ、5時出発。駐車場からの出口を迷ったが、傍に案内板が出ていた。目指す赤岳は、ガスに覆われて見えない。

最初はそれなりの体調だったが、一時間程歩いて最初の休憩を取ったあとから悪くなる。最近、階段を上がったり、走り込んだりすると胸が痛くなるのだが、この時もその症状がでてきた。ちょっと歩いただけで、しばらく休憩の繰り返し。おまけに平行感覚も狂ってきて、右へ左へとふらつく。こりゃだめだな。どこか切りのいいところで引き返そう。こんな時は、なんて報告するかな。体調不良による敗退でいいか。恥ずかしいな。

赤岳を望む

そのうち、雪道となる。明瞭な、アイゼンの踏み跡から、直近のものと思われる。昨日は雪降らなかったのか。ガスが去り、高度も出てきて樹林の合間から赤岳の雄姿が垣間見える。かなりの高さだ。あれを登るのはなかなかしんどい。あの頂に立っている自分が想像できない。

休んでいると、上の方から人が下りてくる。赤岳からかと思ったら、昨夜の新雪で上の方はトレースが消えていたので引き返してきたとのこと。なんで?と思うが、体調も悪いし、そこまで行ってから引き返そう。

樹林帯が尽きるところに、彼が作ったトレースの末端がある。確かにそこから先は新雪におおわれているが、その下にうっすら踏み跡がわかる。稜線は明瞭で迷うこともない。ちょっとだけ、と思って踏み入れる。新雪の下の隠れたトレースがしっかりと足をとらえる。少しだけ、行ってみよう。なんとなく体調が戻り、胸の痛みも軽くなった気がする。

赤岳山頂の右に赤岳頂上小屋が見える。十数歩進んだだけで、それが意外に近づいたように思えた。錯覚だろうが、今歩いている雪稜の先にある岩稜帯まで、行く理由はできたような気がした。

岩稜には鎖場があるはずだが、末端からは見えない。そこを直登してもやさしそうである。そのまま4~5手攀じる、と左下に鎖が見える。なんだ、と思ってトラバースしようとしたが、間に数メートルの雪壁がある。岩棚で、アイゼン、登攀具一式を装着。

地獄谷赤岳沢を挟んで南側の天狗尾根からコールが聞こえる。なかなか魅力的な岩峰ルートで、2、3パーティ登っているようだ。こちらは一人貸し切り。

最後の岩稜。左上に標識が立っている

鎖をたどって第一の岩稜帯を越える。さらに上に第2の岩稜帯が出てくる。ここも鎖があるはず、と思ったが、雪に埋もれていて見えない。左端の草付きが傾斜もゆるく、やさしそうだ。ダブルアックスで登る。草付きが尽き、右から雪に埋もれた登路がせりあがってくる。鎖がでている。さらに最後の岩稜が控えていたが、鎖が使えて問題ない。14時、権現岳から赤岳への縦走路に出る。赤岳山頂までは意外と遠く、到着は14時半。これではとても今夜の宴会に間に合いそうもない。鍋やバーベキューセットなど持ってきたというのに、これも運命と思い、深く落ち込む。

写真ではわかりにくいが、結構な急斜面の出だし

赤岳頂上小屋は閉まっていた。二人パーティが休んでいる。小屋の北側の脇から県界尾根の下降路が始まっている。出だしは雪の急傾斜。クラストしていて、蹴り込むと足はずぼりと埋まるが万一スリップした場合、止めるのはなかなか大変だ。両手アックスをいわゆるピオレ・カンヌで持ってピックを雪壁に突き刺しながら、後ろ向きで、クライムダウンする。天気は良く、今下降している右方向、すなわち南側に尾根が見える。あれが県界尾根だろう。そっちへ行きたいが、締まっているとはいえ、急な雪壁をトラバースするのは気が引ける。なるべく這松帯に沿って、斜め右へと降りる。大分下に降りて、傾斜が少々緩くなったころから、前を向いてキックステップに切り替えるが、体力も落ちており、なかなかスピードが上がらない。右に見えている尾根に入る。

単独で休憩している人に会う。県界尾根に間違いない。彼はこれから登って、ヘッドランプで一回りし、翌朝、北にある杣添尾根を降りるという。多分思い切り変なところにトレースつけたことを詫びる。「慣れてますから大丈夫です。状況により使わせてもらいます。」すでに16時半である。

はっきりしたトレースもあり安心だが、雪の状態はよくない。ズボズボと足や体がめり込む。Nさんには電話が通じた。もつ鍋、ビール、ワインを用意してくれるし、車が行けるところまで迎えに来てくれる。ありがたい。県界尾根から美し森への下降路への分岐点である小天狗には18時半。ここから下ったところまで車が入れるはず。暗くなったのでヘッドランプを点灯する。急な下降路はそのうち水平道となる。時折舗装道路が出てきて、ホッとするが、それはすぐに崩れ、再びデコボコの山道に戻る。闇の中からピーっという獣の声が聞こえる。ついてくるようで気持ち悪い。鹿が警戒したときの鳴き声らしい。

道はいつまでも続くと思われたが、ついに車の明かりがみえる。終了は20時半。全行動時間は15時間半となる。Nさんがせっかく用意してくれたビールとワインだが、とても喉を通りそうにない。体力つけなきゃ。

 

<装備について>

ハーネス、スリング、ハーケン、ロープ等の登攀具一式を持って行ったが、結局使わなかった。しかし、もしまた積雪期に行くとしたら、持っていかないわけにはいかないだろう。今回もパーティだったら、状況により何度かロープを出していたと思う。

アイスハンマーがとても役に立った。バイルより短いがダブルアックスで使うには問題がなく、かつ、軽い。

ツェルト、羽毛ジャケットをリュックに入れておいたが、もちろん使わなかった。何度もビバーグしようと思ったくらいなので、これらも、持って行かないという選択肢はない。

 

シングルバーナー2機種

何気なくネットでシングルバーナーを検索していたら、アマゾンで重量25gのものを見つけた。値段がなんと1428円。有名メーカーのものは安くても5000円超だし、軽くても100gくらいである。

これは買うしかないと思い、いろいろ調べていたら、さらに、重量100g前後で値段497円というものもあった。もちろんどちらも中国製で、送料無料。こうなると、両方買うしかないではないか。

注文したら、発送の記録があるのになかなか来ない。そうこうしているうちに、アマゾンのマーケットプレイスを使った詐欺の記事を読んだ。その特徴は販売元が中国

IMG_0598
①25.5gのシングルバーナー

でべらぼうに安く、到着予定が2週間後以降。まさにぴったりで、こりゃだまされたに違いないとほとんど諦めていたら、まもなくちゃんと着いた。中国からなので時間がかかったのだ。

①25gのものは、BRS-3000T 2700W

②497円のものは型番が表示されていないのでURLを張り付けておく。

https://www.amazon.co.jp/dp/B00UUO3ZGC/ref=twister_B00Y9OR0G0?_encoding=UTF8&th=1

IMG_0599
炎に問題なし

①はとても小さく、実測25.5g。私の、白魚のような親指の一回り大きいくらいで点火装置なし。ポーチがついていて、合わせて28g。火力も問題なし。炎とガスカートリッジの距離が短いので、本体を通じてカートリ

IMG_0597
②497円のシングルバーナー

ッジに熱が伝わりやすい。

口コミには怖いとみる向きもあるが、冬季はかえってメリットになると思われるし、我々ほどのレベルになるとお湯さえ沸けばよく、鍋で宴会して飲んだくれ二日酔いになって取りつきでゲロを吐いて敗退するようなことは決してない(こともないか)。点火装置がないのでライターが必要となるが、100円ライターを追加しても総重量50g未満。

②は実測で96.5g。オレンジのプラスチックの容器を入れて113.5g。私が買ったときは497円だったが、5月5日現在では491円に下がっている。青い炎でよく燃える。

IMG_0600
こちらもよく燃える

日本製を差し置いて中国製の物を買うのは心苦しいが、いずれも作りはしっかりしており、性能的に問題ないとなれば、どうしても安いほうに気持ちが向いてしまう。まあ、今後、何度も使ってみて、支障がないか試さなければならないが、壊れても、この値段なら文句のつけようもない。

しかし、安いとはいえこんなに買ってどうするか。これまで持っていたバーナーもあるが、山には一個しかもっていかないので、軽いのがあればいい。重いほう(と言っても十分軽いが)は予備。今まで使っていたやつ(昔後輩が送別の品で送ってくれた思い出の品)は天災に備えて家族の元に置いておくことにしよう。(すでに古いのが三つ四つあるが)