t.o のすべての投稿

東北アイスクライミングツアー2020

旧会員のH方さんとI原Y江さん主催の東北アイスクライミングツアーへ2/1〜2の週末で行ってきました。

参加は当初15名でしたが当日2名減ってYCC9名+M&C1名+東北組3名の12名でした。

1日目に仙人沢で2日目に二口を登りました。

今回主催者のH方さんは私がかれこれもう数十年前になりますか22歳くらいの時に穂高屏風岩東壁へ拓いたルートFREE FALLの冬季初冬者(しかも単独)です。これも何かのご縁でしょうか。今回お話できて当時色々頑張ってた時のことを懐かしく思い出しました。

初日は仙人沢へ

アプローチはスキー場から

リフトを乗り継ぎ稜線へ

新人会員がさっそくバイルをリフト乗ってすぐに落とすが本人気づかず。気をつけましょう。

山形蔵王の樹氷を縫うように沢への下降点へ向かう。天気あまりよくない。

沢へと降りていくと氷瀑出現!

人数が多いので分かれて登ることに

私は手始めに糸滝へ(他にもう1組の計二組)、H方さん達はミニ氷柱、当会D家代表は大氷柱へ

糸滝をリードするKB田女子

ミニ氷柱をトップロープで、なべやんことW部嬢

大氷柱をリードするD家代表とビレイするI原さん

その後大氷柱にもトップロープを張り交代で登りました。

I原嬢

大氷柱をトップロープで登るKB田嬢

新人I川くん、仙人沢へはこれまで2〜3回来てるらしい

ビレイヤーでも大活躍役なD家代表

ボルダー氷柱にD家代表リードでトップロープを掛け皆で遊ぶ

初日の仙人沢はこんな感じで時間もあっという間に過ぎて、I原さんが大氷柱へボルダー氷柱へは私がトップロープロープ回収へと登っていく。

明るいうちに駐車場へ到着!このあとH方さんが取ってくれた今夜の宿のバンガローへと仙台方面へと向かう。ここから1時間半ほどの道のりのようだ

途中酒とツマミを地元のスーパーで買出し、目的地のバンガローへ

バンガローは立地も良く綺麗で静かで温泉大浴場が備えられていた。最高!

バンガローに到着して部屋に入ると事前に頼んでおいた鍋も用意されていた。とりあえず先に温泉大浴場へ。

風呂から上がると早速宴会へと突入!

今回お世話になったH方さんへ感謝の贈り物!

皆の代表としてアイスの女王ことI原さんから贈呈、I原さんは二口の幻の氷柱こと二刀流を13年ぶりに再登した強者女性です。(その時のことをweb記事に書かれてます。https://www.climbing-net.com/news/180214/

さて2日目へ

氷結具合が心配だがH方さん達の案内で二口渓谷へ

林道を歩いて氷瀑エリアへと上がる

萩の月と独眼竜へと向かう。東北組のうちの一人と当会なべやんはドライエリアへと向かったようだ。

氷瀑へ近づいていくと、どうやら登れるくらいは氷結してるようだ。

独眼竜はI原嬢がリードするとのことで、萩の月をリードさせてもらうことに。

長い帰路のことを考えると時間もあまりないので萩の月は3組に分かれてリードフォロー形式で済ませることに。

そう決まったらさっそく準備に取り掛かる

先ずはD家代表と私がラインを変えてリード。そのあとをM&CのM氏がリード、残りはフォローすることに。

先にD家さんがスタート、D家さんは最も合理的で安全なラインを登ってるので、私はその右横の少し立ってるラインを登る。氷が薄くスクリューの効きも微妙で傾斜も思ったよりはあるので慎重に登る。

このあとD家さんのフォローのSっきーを先にいかせる

この頃吹雪いてきて上部からひっきりなしにスノーシャワーが降ってくる、そのスノーシャワーを受けながら登ってくるM&CのM氏

同じく途中メガネの中にスノーシャワーが溜まって見えなくなった私のフォローのI川くんが上がってくる

懸垂途中にパチリ!

フォロー中の当会会員のJ郎さんとKB田嬢

同じくお二人を下から

降りて独眼竜へ見にいくとI原さんも無事登りきった後だった。

そのあと東北組の方がリード。

H方さんとD家さんがフォローで続く、そのあとD家さんのフォローで私も登らせていただきました。

残りのメンバーは時間無いので独眼竜は登らずに下山。

高速入口までの途中で中華屋「たべにおいで」でお腹を満たして帰りました

今回案内に段取りと大変お世話になったH方さんとI原さんに感謝!「ありがとうございました」

 

八ヶ岳広河原アイスクライミング2020/01/11〜13

2020/01/11〜13

今回のパートナーは関西ガールのSっきー。今冬雷電へ入るのでアイスの練習をしたいとのこと。本当は戸台へ入りたかったが復旧がまだされてないようなのでまったりできる八ヶ岳広河原へ行ってきました。

2日目をメインに最終日は下山のみとして計画しました。

三連休で駐車場はほぼ満杯。駐車スペースへ入る車の列ができてました。

初日は氷に触れればいいかなという程度でしのでのんびり出発。ベースの二俣にてテント張ってまったり準備してるとマーモット(山岳会)のS山さんが女性3人と共にやってきた。女性会員が最近増えたんですと嬉しそうに語ってたのが印象で今回の山行も盛り上がってるようで楽しそうな感じでした。

そんな楽しそうなテン場を後にして我々は手始めに慣らしもかねてクリスマスルンゼへ行ってみました。

行ってみるとやっぱり。三連休なだけあって大盛況、この日はリードフォローの1本だけ登って終わりにしました。(写真は先行パーティーが取り付いてるところ)

2日目はどこへ行くか最後まで悩みましたが3ルンゼに行くことにしました。渋滞を避けるため暗いうちに出発してみましたが予想のほか他パーティーは遅めの出発のようで私たちがトップでした。

3ルンゼの出合からはスノーシャワーがひっきりなしに流れていました。雪崩を警戒しましたが前日までにある程度落ちていたようでトレースはほぼ消えてる状態ではありましたが雪はそれなりに締まっていたのでそのまま進むこと。

途中ほんの少しだけルーファイ、トレース付、ラッセルの経験のためと思いSっきーに先に行ってもらいましたが、天気も悪くなりそうなので先を急ぐためすぐにまた先頭を交代しました。

メインの氷瀑からザイルを付けスタカットで登りました。

登り始めたところにちょうど後続の学生3人パーティーが追いついてきました。若いパーティーでしたので途中抜かれると思いましたがうまい具合に稜線抜けるまでは我々がトップのままでした。(このトップでいたことが後々吉となることになるとは…)

フォローのSっきーが抜けてきたところで「さっき叫んでたようだけどどうした?」と聞くとスクリュー回収時にスクリューを落としてしまったとのこと(買ったばかりのBDハイブリッドスクリュー!)

Sっきーは「スノーシャワーとともに消えていってしまったので回収不能で諦めます」の声

そんな一度は諦めたスクリューでしたが、最後のMIX滝のところで追いついてきた後続の学生パーティーがなんとそのスクリューを拾ってきてくれてました。奇跡!感謝!(その節はありがとうございました)

ところがです、またしてもこのMIX滝のフォロー回収でスクリューを落としてしまうことに!

再び後続のパーティーさんに拾ってもらうことに。(テン場へ戻ってから無事スクリューを受取り、お礼に缶ビールを差し上げました。「重ね重ねお礼申し上げます」)

途中から雪も降ってきてアルパインらしい雰囲気に。

稜線へ抜けたところでパチリ!

下山は南稜を使う予定で下降してみましたがトレースも消え状態もあまりよくなかったので引き返し、阿弥陀岳頂上経由で御小屋尾根で降りました。

宝剣岳東面中央稜 2019/04/07日帰り

3月に行って時間切れのために敗退したリベンジ山行である。

3月の時はNじーとkenの3人で入ったのであるが、この前日に八ヶ岳赤岳沢左ルンゼをオール自分リードで登ってたので、宝剣中央稜はリードを2人に譲り、2ピッチ終わったところで時間切れに。

(3月時の1ピッチ目リードのNじー)

それから2週間後のリベンジである。天気が悪いが様子見ながら入ることに。

ロープウェイを降りるとやはり天気が悪い。大雪にはならないだろう。気温も低いし大丈夫だろう。そのまま続行することにする。取付まではラッセルであるがデブリも出ていて状態はそんなに悪く無さそうである。雪も降ってきて雰囲気はすっかり冬に逆戻りな感じである。

順調に取付に到達。この時期ゴンドラの始発が遅いのと最終が早いので、日帰りで入るには時間にも気にしなくてはならないのである。

kenが前回苦労した2ピッチとオケラクラックを譲ってもらうことにして1ピッチ目kenリードでスタート!

前回もそうだったが、この最初のピッチがかなり悪い。プロテクション状況もあまり良くない。途中の草付きも良くない。上部のベルグラのジェードルがこのピッチの核心。ベルグラを騙し騙し登る(騙しても剥がれるので剥がれる隙に登る感じ)

登攀時の雪や氷、天候の状況で困難さも変わるだろう。

kenが順調に1ピッチ目を伸ばしていく。思ってたよりもかなり早く到着した。状態良いのかなとフォローで登ってみるが、やはり悪かった。kenも成長したなと感心する。

さぁリードを交代して2ピッチ目のスタートである。不安定な雪壁を登り壁下に到着、これから登るMIX壁に興奮する。雪は締まってないので払いながらの登攀になるだろう。通常冬季は人工によるピッチだろうがアブミは出さずに岩にアックスを引っ掛けたりして登る。なかなかエキサイティングな楽しいピッチであった。

kenとリードを交代してちょい難しいハングを超えオケラクラックの手前でピッチを切ってもらう。

いよいよメインのオケラクラックである。アイゼン手袋でも登れそうであるが、あとはクラックに詰まった雪や氷の状態だな。

とりあえずフリーで突破するつもりでアブミはギアラックにまとめて取付く。

登ってみると思ってたよりもクラック内は雪と氷の付き方が中途半端な感じ。グローブジャムとアイゼンフック、クラックに残る氷を使い進んでいくが、プロテクションを取るにも詰まった雪や氷をクリーニングする場面も出てくる。スクリュー持ってくるべきだったな。今となっては遅いが。いよいよ足も無くなってきた。粘れば何とか突破できそうだが、時間が勿体ないのと安全も考えカムを決めるためのクリーニングにアブミを出すことにする。

アブミに乗ればホッとして楽に。冬のアブミは良いもんである。

この後カムエイドをするほどのカムも無いのと時間も無いのでスピード重視でこのピッチを登り切る。フォローのkenはフリーで登ってきたようだ。

残りピッチも順調にこなし(あまり覚えてない)稜線にパッと出てみるとすぐそこは頂上であった。

kenと完登できた喜びの握手をして、思ってたよりも早く抜けられたが、すぐに下山に取り掛かる。この下山も意外と危ないのである。慎重に下る。

下山もスムーズに下れ、早めにロープウェイ駅に到着。帰りのロープウェイの時間も無事に間に合った。

初春に冬壁が楽しめた最高の山行であった。

ここはまた行きたいね。もちろん雪がある時にね!