T.Okazaki のすべての投稿

滝谷出合〜四尾根 2019夏

2019/08/10〜11

当初は4日間で滝谷出合〜四尾根登攀後北鎌尾根へ継続(横尾まで降りてそのまま槍ヶ岳北鎌尾根)の予定で入山したが…。(結果的には北鎌はやらずに下山することに)

途中のSAで仮眠しながら8:30頃にやっと新穂高温泉に到着。日頃の疲れと睡魔には勝てずだいぶ遅くなってしまった。

運転の疲れもあってのんびりと支度して9時半過ぎに出発

滝谷出合到着はお昼頃に。登攀装備を身に付けいざ滝谷の中へ

雪渓の横や上を行ったり、ブリッジを潜ったりしながら進む。

長いブリッジの潜り、雪渓と壁のコンタクトラインを歩き、雪渓が切れ残る雪渓も薄いことから一旦川底へ降りることにした。高さもあることから安全を取って懸垂することに。支点は雪渓で。雪の隙間を広げうまくロープを回した。いざ降りようとしたその時!

その時ポッケを触ると、そこに入れてたはずの携帯がない!!!アチャー!!やっちまったー!落としたみたいだ。

さっき潜ったブリッジの下の下の石ころや流れ、雪渓の脇や上を探してみるが見つからない。何度か往復して探してみたがやはり見つからず、しょうがなく諦めて先を進むことに。これで北鎌尾根への継続は無くなった。時間も1時間少しロスすることに。(kenには申し訳ない)

携帯を失くしたために自分が撮った写真も無くなってしまった(そのため写真が少ないです)

気を取り直して先を急ぐ。目の前には雄滝が。

雄滝雌滝の前には大きな雪渓があり下からは取付なさそうなので雪渓の上から行くことにする。雪渓の末端まで行きそこからクライムダウンするつもりで恐々雪渓を先まで行くと途中ドンと足元から大きな音が!終わったと思ったが 運が味方してくれたようだ。一度引き換えしラインを少し変え再び雪渓の先へ。今度は無事に末端まで。後続のkenから私の後ろにピシッと亀裂が走ったとのこと!

雪渓の末端をバイルを使ってクライムダウンして滝底へ。ザレを慎重に登り雄滝高巻きの取付へ

ラインは読めてるのでこの先のことも考えるとここはクライミングシューズよりもアプローチシューズの方がいいだろう。雪渓の処理を考えたこともあって私だけ登山靴で入ったこともありここはアプローチシューズを履くkenに1ピッチ目を任せることにした。私は登山靴のまま進む。

すぐに1ピッチ目が終わり、そこから先は以前にも登ってる私がリードする。

1ピッチ目フォロー中の私(ここは登山靴で)

落口までトラバースしてるところ。携帯紛失の凹みか4日分の荷物が重い。

さっきまで登ってきた雪渓を覗く。この時期は雪渓の状態とその処理が肝である

雄滝をサクッと終わらせ、次は滑っていかにも滑りそうな滑滝へ。

さすがにここはクライミングシューズに履き替える。私リードで取り付く。途中残置ピンで1本ランナーを取ったあと濡れたスラブをランナウトに耐え突破する。全荷背負ってではなかなかの厳しさだが楽しい。

ここで先行がいることに気づく。滑滝3ピッチ目でその先行パーティーに追いつく。男女のパーティーのようだ。その先行パーティーのフォローの女性が登るのを待って、ここでkenにリードを交代して登ってもらった。

滑滝を突破し、その先の雪渓で先行パーティーが悩んでるところをお先に行かせていただいた。雪渓と壁のコンタクトラインを慎重に進み雪渓の上に出ると目の前には滝谷の合流点

C沢に入るころには途中のトラブルもあったせいでいい時間になってしまった。我々はヘッ電残業覚悟でスノーコルまで進むことにした。案の定スノーコル手前で日が沈む。暗闇の中ルートを探す。野生の感でなんとかスノーコルへ。テントを立て酒と食事で喉を潤し腹を満たす。テントを担いできたおかげで快適な夜を過ごせた。

2日目:明るくなるころに登攀再開。天気は良さそうだ。つるべで順調にロープを伸ばす。途中下を覗くと昨日のパーティーが上がってくるのが見えた。昨日は合流点でビバークだったのだろうか。

4日分の全荷を背負っての登攀はそれなりにしんどい。慎重になる分時間もかかってしまう。

それでも10時過ぎくらいには稜線に抜けることができた。途中の穂高岳山荘で少しゆっくり休憩して、明るいうちに新穂高温泉へ戻ることができた。

すぐにロープウェイ乗場横の派出所にiPhoneの保証を受けるための紛失届を出した。これで一安心。

このあとの剱岳山行では携帯にバンジーコードを付けたのはいうまでもない

滝谷出合〜四尾根(新穂高温泉〜滝谷出合〜四尾根〜穂高岳山荘〜新穂高温泉)

メンバー:t.o・ken

写真コンテスト 飛騨

ヤマケイオンライン「飛騨から登る北アルプス」というフォトコンテストがあり、先日その結果がメールで届きました。

結果は「受賞しました」というものでした。まぁ受賞といってもコマクサ賞という佳作です。

そのwebサイトと写真はこちら

岐阜県 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト2019

コマクサ賞 絶景 山岳部門

「飛騨尾根からジャンの絶景」

コンテストに応募するきっかけは、たまたま知ったこのコンテストの少し前に飛騨尾根を登っており、その時に撮った写真がよく撮れてたのと象徴的なものに思えたので応募してみようと思いました。(撮影者はこの時のパートナーのkenです)

この写真が意味あるものと思えたのは天空に2つの天使が舞ってることです。(ように観えた)

天使とはもともとローマの神で「クピド」または「 アモール」ともいい、愛の神です。キリスト教にも天使としてその姿が取り込まれました。それは「クピド」を英語読みすると「キューピット」になることからもわかります。

飛騨尾根はそのジャンダルムのピークに直接突き上げる尾根になります。ジャンダルムの頂上に天使というのは有名ですね。

(ジャンダルムピークにて!)

その空に浮かぶ天使

縁を感じます

この天空はつがいのフェニックスにも観えてきます。フェニックスは錬金術の象徴の1つです。

新しく生まれ変われることを予見させてくれているのでしょうか…。

もしかしたら「stay gold」そんなメッセージなのかもしれません

以下、この時の飛騨尾根の記録です。

2019/05/04〜5/5

新穂高岳温泉〜白出沢出合〜天狗沢出合〜飛騨尾根〜ジャンダルム〜奥穂高岳〜新穂高温泉

渋滞を避けるため公共交通機関を利用した。5/4朝にあずさで東京を出発。バスを乗り継いで新穂高温泉へ。15時くらいにはベースの天狗沢へ到着。

翌早朝、ヘッ電スタート。

順調にジャンのピークへ。

そこから穂高岳山荘を経由して

ベースまで下り

テントを撤収して明るいうちに新穂高温泉まで下山。下山は尾根よりも沢を下った方が早い。ただし踏み抜き多し。ワカンが大活躍した。

コンテストに応募した写真です(撮影:ken)

剱岳 2019夏

2019/08/17〜19(計画は17〜20の予定)

一昨年に源次郎尾根を共に歩いたM女とY女とした約束「次は八ツ峰だね!」を「今夏実行しませんか?」というお誘いから始まった

最終的なメンバーは前回の2人に新たな2名の新人が加わり、男性2名と女性3名計5名の混成チーム

剱岳夏合宿の始まりである(YCCは会合宿や会山行というのはとくに無いので、あくまで有志での)

私以外の4名は初めての八ツ峰(剱岳は皆経験済み)。私が4人をガイドみたいなことするのはしたくないし、まして彼ら彼女らも面白くないだろう。力をつける意味でもここはパーティーを二つに分け、女性パーティーと男パーティーの二つで計画をたてることに。

テントも食事もルートも各チームそれぞれで相談し考え計画する。自立しながらも助け合う関係。いい加減は=良い加減でもあるのだ。

当初の計画は、女性チームは登攀1日目に本峰南壁又は六峰Cフェース、男チームは源次郎一峰側壁又は本峰南壁 。2日目に女チームは八ツ峰上半から縦走、男チームは八ツ峰下から縦走、3日目は全員で龍王岳東尾根

さて、実際は…

1日目:長野側からの混雑と時間がかかることに懲りてるので富山側から入ることに。前夜に夜行バスで富山まで、そこから電車とバスを乗り継ぎ室堂まで。室堂から途中の剱御前小屋でコーヒータイムを入れても2時間40分程で剱澤小屋のテン場へ到着した。

荷物の多い女性チームはなかなか来ない。何故あんなにザックが大きいのだろう⁇何が入ってるのだろう⁇と不思議でならない。女性チームのテント受付とテント場所の確保もしておく。1時間程で女性チームが合流。

テント設営後に皆で剱沢の雪渓を偵察に行く

帰りに小屋にてビールで乾杯!ついでに記念撮影パチリ!

ビールを確保しテントに戻り晩飯と翌日の打合せ

日頃の行いが悪いのか予報が悪くなる方向へと変わったようだ。天気が良いのは登攀1日目だけのようで2日目の昼頃から悪くなるとのこと。登攀日1日目の明日も15時くらいから雨予報。明日1日だけしか登れないかもしれないつもりで各チームで計画を相談することにした。結果お互い共に八ツ峰をメインにしようということになった。

結果、女性チームは、5.6のコルから八つ峰縦走〜本峰〜別山尾根〜BC

我々男チームは、6峰Aフェース中大ルートから八つ峰縦走〜本峰〜別山尾根〜BC

となった。

2日目:男チームが女性チームよりも30分程早く出発(2:45頃)

長次郎雪渓に入ってしばらく登ると雪渓のど真ん中にポッカリ穴が!まだあたりは真っ暗闇なのでよく状態が見えない。一応ザイルを付け偵察に雪渓の上へ。渡れそうなルートを確認できたのでここは巻かずに雪渓を対岸へトラバースする。1・2峰間ルンゼを過ぎたあたりから明るくなり6峰Aフェースめがけてひたすら登る。

休暇しながらゆっくり支度して私がトップで取り付く。とくに難しくはないが、朝一にはそこそこ細かいフェースが緊張感を生む。

kenがフォローのとき女性チームが下から上がってきた。思ったより早いのでビックリ!女性チームの体調も調子も良さそうで安心する。

(写真上下:下から3人が上がってくるのが見える)

5・6のコルへ向かう女性チームとAフェースを登攀中の男チーム(写真下:女性チームが撮ってくれたもの)

順調に登り登攀時間50分程でAフェース終了

さぁ、ここから八つ峰上部縦走である。

途中女性チームが後方を登ってるのが見える。今のところ順調な様子で安心する。

途中、前方に先行パーティーが見えた、かなり早いパーティーで追いつきそうでなかなか追いつかない。途中このパーティーが休憩してるところでやっと追いつく。挨拶したとき「どこから来たんですか?」など質問を受ける。富山県警山岳警備隊の方々でした。どうりで早いはず。警備隊の方が休憩中なので先を行かせていただき本峰ピークへ!

10:10登頂!

軽く休憩したら早々下山にかかる。カニのヨコバイでお約束の待ちがあったがそれほど渋滞には巻き込まれずに12時頃には剣山荘に到着!乾杯ビールと小屋飯で小屋の贅沢な時間を味う。

テントに戻って倒れたように爆睡してしまう、途中雨も降り出す。kenはまだ爆睡中だ。女性チームのことが心配であるが彼女達の技術と体力なら大丈夫だろう。

16時近くなってもまだ降りてこないので、心配してたころ、たまたま下山してきたクライマーらしき若い女性に尋ねてみたら、ゆっくりだが登頂して下山してるとのこと。(たまたまだがこちらのお尋ねした女性は女性メンバーの1人が掛け持ちする会の仲間であった)

17時くらいに「おつかれさまです」と懐かしき声!よく頑張りました。強くたくましくなった3人を見て嬉しさと安堵感が込み上げる。

彼女達が登頂したときの写真はこちら

翌日から天候が崩れる予報で最終日もさらに悪くなる予報。相談して1日早めて下山することに決定。そうなれば富山で打ち上げだ!

翌日はゆっくり起き出してと言いたいがジジイの習慣の早起きは変わらず。気持ち良さそうに寝るkenも変わらず。女性軍も思ったよりも早く起きてきた。朝からお喋りに花が咲いていた。若いkenはそれが不思議なようで笑っていた。女性のお喋りは元気のバロメーターなのである。

さぁ、後は帰るだけ。我々男チームはささっとパッキング。いつものように女性チームの片付けを待つ。

帰りの御前小屋からは少し遠回りになるが人が少ない方を行く。天気も景色も最高だ!(このあと土砂降りの雨になるが)

足取り軽く、荷物はデカい !ん〜何故こんなにデカいのか不思議だぁ…

ミクリガ池のカフェでお茶をし、室堂近くの小屋で温泉で汗を流す。土砂降りの雨が小降りになったところで室堂。そして富山駅へ。

新幹線の発車まで日本酒と魚が旨い地元の居酒屋にて打ち上げ!

メンバー:T.O・ken・Mika・Yumi・Aki