カテゴリー別アーカイブ: 未分類

最新八ヶ岳ベーシックアイス2020冬

2020/12/12〜13 「八ヶ岳ベーシックアイスクライミング&ちょこっとバリエーション」

2020/12/12:裏同心沢〜大同心南稜と南稜バリエーション(途中まで)

2020/12/13:ジョウゴ沢〜硫黄岳ピーク

メンバー:O崎、I原Y江、HG、M崎、T橋(男3・女2)

車一台フル乗車で八ヶ岳赤岳鉱泉へ。上の駐車場にはけっこうな車の数。やはり人が多そうな予感。まぁyccだけでも10人近く入ってるのかな(それぞれパーティーごとバラバラに)

3人テント、1名テント、1名小屋泊。

私は1人コロナ事情(密防止)でソロテン&ソロ鍋、今流行りのソロキャンプ的感じ。

鉱泉に到着すると想像してたよりも人とテントの数が少ない。テント受付(小屋泊も)は消毒があるからと10時からになってるようだ。なるほどそれもあってか皆出足が遅いのかも。

初日は皆(我ら5人パーティー)で裏同心へ。時間あれば大同心南稜へ行く予定。そのつもりでガチャをザックに詰めいざ出発!

裏同心へ着くとやはり順番待ちの人が…

フリーで横をすり抜けるわけにもいかないので順番を待って我々もフリーのHG以外はロープを結んで抜ける。今シーズン初アイス。久しぶり氷の感触とアイゼンの感覚を楽しむ。

アイスの女王ことI原女史

最近ノリに乗ってるM崎と後ろに私

そんなに長い順番待ちも無く最終ピッチへ。

HGがフリーで、残り2組でペアを組んで進む。I原女史がリードで私と。T橋リードでM崎とペア。若手女子期待のT橋はアイス初リード(前のピッチで擬似リード済)

おニューのダートで初リードのT橋Y子

安定して登っていく。道具の進化もあるが昨シーズンの平爪アイゼンでの基礎と今シーズンフリーを頑張った成果が出てるのだろう。

大同心基部へ到着してホッとするT橋とHG

大同心南稜の取付へ到着するとすでに2パーティーが取り付いており途中順番待ちの様子。

先ずはM崎とI原ペアでM崎リードでノーマルルートをスタートし順調に1ピッチ目終了点へ。2ピッチ目は先行パーティーの順番を待ってI原女史リードでテラスまで。

我々は私とT橋HGの3人。HGリードでスタートするが左のバリエーションは面白いけど上に行くと下からの印象よりも壁が立ってきて難しくなるよと言った私の説明の言葉も興味に変わったのか簡単な右から行かずに左のフェースから左、左へとルートを進めていった。

もちろん残置支点もほぼ無い。ますます左手の難しい方は進んでいく。過去私も左側のフェースを登ったことがあるがそれなりに難しかった記憶があるので少し心配だ。

彼も気が済んだと思うし、そろそろ日暮れも近いので時間切れだから下降してと頼む。下降ルート取りと方法を指示したがなかなか理解してもらえなくて少し時間がかかる。途中皆のヘッデンをザックから集め暗くなった時の下降路も確認をしておく。その後下降もスムーズにうまくいき暗くなる前には大同心稜上部の危ないところを抜けることができた。

2日目最終日

今日はジョウゴ沢〜上へ抜けるルートへ。途中で乙女の偵察へ(状態良ければ登るつもりで)

ジョウゴ沢もまだ登れるかわからないが行くだけ行ってみることにする

ここもさっそくそれなりの数のクライマーの姿が…

先行パーティーとその順番待ちパーティーが最初の氷を登ってるのでここはパスして巻道から上へ抜け先を急ぐことにする

最初の滝を抜けると冷たい風が…  微妙な天気。寒い。しばらく歩くと

乙女の下の喉の氷へ。氷が薄く細い。慎重に1人ずつそっと抜ける。

立派な乙女が姿を見せる。

今日は残業したくないのでここは上へ抜けることを優先して偵察だけとして先へ進むこととした。

大滝へ到着、あまり状態は良くなさそうだかなんとか1本はラインとれそうだ。

2パーティーに分かれて登攀

M崎がピュアアイスな大滝を登る。その後HGリードでT橋Y子も後を続く。

ここから先は私がガイド

最後に硫黄の壁にぶち当たる。最後の凹角を抜けると稜線へ。

硫黄岳頂上に人がいたので集合写真をお願いする

この先行の登山の2人組の足下を見るとハイキングシューズにアイゼンも履いてないようだ。登山道の状態を聞くととくに問題ないとのこと。昨今の冬山は安易なイメージなのかな。硫黄からの下降にも同じようなスタイルの人達とすれ違う。危険意識と装備への意識が山の怖い一面を知る我々とは認識が違うのかな。クワバラクワバラ。

山の世界でも世の変化を感じた今回の山行であった

 

 

 

 

 

 

摩利支天大滝〜阿弥陀岳北西稜(2020/3月/日帰り)

2020/03/01 日帰り

八ヶ岳摩利支天大滝〜阿弥陀岳北西稜

パートナーは新会員のI川くん。I川くんは杉並労山にも所属している方で、彼との山行は今回で三回目。二人合わせて年齢100歳超え。I川くんには少しハードかもしれないこの山行。さてどうなることやら。

東京を前夜22:30に出発、途中切れたヘッドランプを自分で交換したり、高速速度制限以下のスピードのため夜中の1時半過ぎくらいにやっと小淵沢に到着。まぁいつものことか。

当初1時間ほど仮眠して出発としてたが日頃の疲れと寝不足で意識が全く覚醒せず、あと10分、あと15分とプラスのちょい寝してなんだかんだで一時間ほど寝てしまう。それでも2時間の仮眠ではまだ眠い。

美濃戸口でチェーンを付けて赤岳山荘の駐車場に着く頃には明るくなっていた。

7時スタート

1時間ほどで摩利支天大滝への分岐に着く、標高に弱く八ヶ岳の高さだとアプローチからヘロヘロなI川くん、この分岐で20分ほど彼の到着を待つ。

摩利支天大滝へのトレースはあるが新しいトレースは無いようだ。

彼がまた遅れる。その遅れた後ろに後続の若い人たちがもの凄い勢いで彼へと追いついてくる。「頼む、追い抜かれるなよ」と心の中で叫ぶ。I川くんも必死なようだ、その必死さが離れている私にも伝わってくる。そうこうしてると後続がI川くんに追いつく。追いついた彼等と何か話しているのが見える。ん〜、若い後続パーティーが引き返していったぞ。理由をI川くんに聞いたら「ここは赤岳へは行きますか?」とのこと。どうやらI川くんの後をついてきてしまったようだった。

大滝へ近づいて写真を撮る、マーリーチーから垂らされた糸のようだ!空には飛行機雲!

大滝の上部からはスノーシャワーがひっきりなしに落ちてくるのが見える。4〜5分おきには大きめのシャワーが氷のカケラと共に落ちてくる。日が上がるにつれその間隔も短くなってきた。

I川くんにリードするかと尋ねたら各駅停車になるとのことで辞退、大きめスノーシャワーの合間に私トップでスタートする。

シャワーに耐えながら登るがフードが外れフードにスノーシャワーも溜まって背中にも入ってきた。

滝上まで抜け、ルンゼ分岐の細めの灌木でピッチを切りI川くんを迎える。

大滝から上はトレースも消えて完全にラッセルである

I川くんに先を行かせてみたが20メートル程ですぐに追いつき、すでにヘロヘロ、ぜぇぜえ〜言ってるので私が先を行くことにする

すぐに彼が出遅れ一人でラッセルする、だいたい股下ラッセルだが締まってるところで膝下くらいか。たまに踏み抜きあり。

I川くんが全然追いついてこない。普通なら心配するところだが彼にはこれが普通であるようだ。

ルンゼの末端を左手から尾根の方へ、尾根へ上がってから、リッジへ深い雪をラッセルトラバース、北西稜のトレースに合流した

昨日か今日の先行のトレースが付いている。ここからは先行がいるなかは見えないが上部から人のコール声が。僕らが行く頃には先行は上へ抜けていることだろう。

ここで遅れているI川くんを待つ、30分ほど待ってやっと上がってきた。

彼が見えたところで彼が追いつくまでザイルの末端を固定して一人でザイルを伸ばす。彼がザイルに追いついたところで末端を結んでもらってランニングコンテで先を行く。彼がへばっていてなかなかザイルが進まない。第一岩峰の取付き、ビレイ点まで行き、ランニングを取りコンテのまま第一岩峰をクライミング、先行パーティーに追いつく。

抜くこともできないのとこの先難しいところも出てくるのでI川くんがビレイしてくれるのを待つ。I川くんがやっとビレイ点まで上がってきたのですぐにビレイしてもらうように伝えるが「トイレ行きたい」と。ちょっと我慢してもらいビレイをしてもらう。

先行パーティーは3人、フォローの2人が登っていったところで私もスタート。相変わらず嫌らしいピッチである。ジャルパインピッチだ。

ピッチ終了点のテラスには先行パーティーが状態ピッチを登攀中。のんびり登るがI川くんのトイレの我慢も限界だろうからとりあえず先を進むとまもなくテラス下まで到着。先行パーティーには申し訳ないがビレイ点から長めのスリングを1本取らせてもらいテラス下でピッチを切る。I川くんも無事にトイレを済ませフォローで上がってきた。

先行パーティーが左のトラバースへは行かずに右のルートを選択したようだ。そのおかげで私達は核心ピッチを待たずに行くことができる。

先行のフォローが登り始めたところで左手へトラバーススタート。ピッチを切りフォローも到着。ここでもう一本あるダブルロープを結び、核心ピッチを登り始める。ここも私がリードする。

雪がところどころ壁に付いているがフワリと乗ってるだけなのでエッジ探しにクリーニングしながら登る。手が冷たくなってくる。前登った時よりもかかりが悪くなってるような気がするんだが…。アイゼンの爪を減らさないようになるべくガリガリやらずに静かに登る。

最後のハーケンにランナーをとってここから一気に行く、右側の岩にトルキングして身体を引き上げる。さらに上部の岩にフッキングしてガバへ。そのカバを掴んで上へと身体を引き上げようとしたところで、右ルートを選んだ先行パーティーフォローの女性が真上にいて「ビックリした〜!」と驚かれる。こっちもその声にビックリ!先に行かせてくださいとのことなので、ハングのガバを掴んだ状態で耐えることに。先行の女性が真上を通過していったところで冷たくなってきた手とパンプ気味な腕をシェイキングしてハングを乗っ越して上に。最後焦ったがなんとかフリーで上がってくることができた。

先行パーティーのトップが上の方でフォローをビレイしてたので、すぐ上のビレイ点が空いていたので空くのを待たずにピッチを切ることができた。

フォローのI川くんを迎える。彼がするグローブのテムレスが冷たいのか何回もテムレスを脱いで手を温めている。核心のハング下では残置のお助けスリングにフィフィテンション。こんなんでフォローに時間がかかる

I川くんがなんとか上がってきた。終了15時10分くらい。

そのまま安全地帯の上まで行ってもらうがかなりのヘバりようでぜぇぜえやっててなかなか進まない。彼が大丈夫だろうなというところまで行くのを待ちビレイを解除して後を追う。すぐに追い越しザイルを畳んで阿弥陀岳ピークを目指す。

途中摩利支天ピークで手を合わせる

南無マーリーチー 合掌

I川くんは阿弥陀岳自体が初めてなので、登頂を譲ってみたが、先に行ってくださいとのことだったので私が先にピークへ。

15時半頃登頂!

先ずは阿弥陀さまへ五体投地でご挨拶

南無 アミターバ 合掌

I川くんも無事に阿弥陀岳初登頂!

先行パーティーと挨拶して下山。行者小屋で遅れてる彼を待って顔を見てから南沢を降りる。途中雪も溶けてビチャビチャ。跳ね返りで汚れないように途中からゆっくりと歩くが1時間ほどで駐車場へ到着。明るいうちに駐車場へ着くことができたが…。I川くんがなかなか来ない。待つこと30分くらいだろうか、彼もギリギリ真っ暗になる前に駐車場へ戻ってくることができた

時間はだいぶ掛かってしまったが無事に完登できたので良しとしよう!

大武川一ノ沢大滝 2020/02/08〜09

当初唐幕で冬壁の予定だったがこの異様な暖かさで止め、一ノ沢へアイスに行くことにした。

メンバーは当会のチーフリーダーK崎くんとHるこ

前夜発で朝明るくなってから歩き出す。

雪が少ない

アプローチが微妙に悪く少し時間がかかる。それでも概ね順調にテントスペースへ到着。

アプローチの途中で追い抜いて行ったパーティーのデポが残されていた。今日中に登るのだろう。

私たちも初日に登ってしまう予定だったのでテントを張ったら登攀準備して出掛ける。

アプローチをこなして行くと大滝が見えてきた

先行パーティーが2P目あたりを登ってるようだった

落氷がそこそこあるので先行のフォローが3P目を登る頃まで待つことにした。

トップの順番だが、私が核心ピッチを希望したら2人が快く受け入れてくれたので、2P目を私、1P目k崎くん、3P目をHる子ということで決まった。

先行もそれなりに気を遣って登ってるようだったがそれでも落氷がひっきりなしに降ってくる。

先ずはk崎くんトップでスタート!

1P目は氷は薄いがランナーはとれるようだ。写真だともっと右側が登れるように見えるが氷も薄く水が流れている、また落氷ライン上でもあるので避けた方がよいだろう。

トップのk崎くんは1P目をあっさり片付け、僕らもフォローで追っかける

ロープを結び変えて2P目を離陸する

少し登っていくと氷が舞茸のようになってきたので慎重に登る

途中右へとトラバース気味に登るんだが右端の方へは逃げずに手前のバーチカル部を責めることにした。ツララ状になってきたが丁寧に登れば問題無し。

スクリューの球数も少なくなってきた。次リードのHる子のことを考えると何とかバーチカル部分だけは抜けておきたい。少しランナウト気味に登る。スクリューだけはクリーニングしても確実にセットしていく。

バーチカル部も抜け、スクリューも無くなってきたのでここらでピッチを切ることに。

2人を迎える

3P目、Hる子へとリードを交代する

ふくらはぎがパンプしたのか途中アックステンションで休み休み登っていった。それでもそれなりに順調にはザイルは伸びていった。

途中先行パーティーが降りてきた。中滝の氷結具合を聞いてみるとどうやら上部は氷結悪く凍ってないようだった。

3人とも無事に滝上まで抜け、下降は同ルート下降で立木からの懸垂二回と最後はアバラコフで降りた

翌日は下山だけは。まったり起きて早めに帰りました。

今季は暖冬もそうだが個人的にも色々あってなかなか予定通りいかないね… 来季はどうなることやら。