カテゴリー別アーカイブ: 未分類

八ツ峰マイナーピーク東面スラブ(その2)2019秋

2日目:暗闇の中出発する。どうやら一番手のようだ。

真っ暗な中のガレたルンゼはいやらしい。無事取付きへ。急いで昨日のfixをたどる。(写真:暗闇の中fixを滝上までトラバースしてくるken)

ザイルを回収し、しばらく登ると再び滝が!高巻き点を探すが真っ暗でなかなかこれだというのが見つからない。野生の勘で横のブッシュを突破してみる。どうやら勘が当たったようで高巻き成功!

ぐんぐん高度を上げる。真っ暗な中での行動はやはり時間が思ったよりも掛かってしまうがちょうど明るくなる頃に目的の大スラブ1ピッチ目の取付きに到着することができた。休憩がてらゆるりと支度する。

スタート!1ピッチ目はお互いフリーで行く。

2ピッチ目からザイルを付け俺がリードで取り付く

kenを迎え2ピッチ目終了。ここからフリーとコンテでしばらく登る。快適なスラブで楽しい。

そろそろ核心部、核心をkenリードで取り付く。ピンが少ない逆層スラブが手強さそう。kenも慎重に進む。

核心部が終わり、スタカットのまま残りを片付ける。肩に出てマイナースラブ終了。ここからマイナーピークまではブッシュを突き進む。念のためザイルをつけたまま進む。

マイナーピーク到着!

kenを迎える

ルート自体は2時程で終了。時間もまだ8時半前である。

下降を考える。下には後続パーティーもいるので同ルート下降はやめ、1・2峰を下降することに。

1峰ピークまでなかなか遠い

時間もまだ早く余裕気が楽になったと思ったのもここまで。ここからが地獄、結果言うと1峰まで役4時間近く掛かってしまった。ブッシュや灌木が身動きできないくらい密集し、トレースも途中でパッタリと消える。トレースを見つけても交差する木の下。木登りもザックが引っ掛かり、木登り懸垂で腕力消耗、暑さで体力消耗。いや〜疲れました。

やっとのことで1・2峰間へ到着、あとは下降を残すのみ。残る心配は雪渓である。

クライムダウンでどんどん下がる。

やっとこさ雪渓が見えてきた。

雪渓も無事通過、なんとか残業無しに戻ることができた。

 

八ツ峰マイナーピーク東面スラブ(その1)2019秋

2019/09/14〜16

信濃大町〜黒部ダム〜真砂沢ロッジ〜東面スラブ〜八ツ峰

9/14(1日目):夜行高速バスなど公共交通機関を乗り継いで黒部ダムへ

今日は真砂沢ロッジまでと偵察の予定なので気が楽! ん〜暑い(汗)、早くビールが飲みたいぜ

ハシゴ谷乗越を越えると明日目指す目的の大スラブが目の前に!

真砂沢ロッジへ到着する前に三ノ沢へ偵察に寄ることにした。

心配していた雪渓はブリッジ崩壊後で問題無さそう。取付へのガラガラのルンゼを確認して偵察終わり。真砂沢ロッジへ。

テント設営後に小屋前でビールを飲みながら小屋の方に情報を聞く。

当初下山ルートをニノ沢か同ルートを予定してたので、ニノ沢の状態も聞いてみる。ニノ沢の上部で小屋くらいの大きさの規模の大崩落があったらしく、沢の中もまだかなり大きな岩が不安定な状態とのこと。これでニノ沢下降は消えた

それなら同ルート下降にしようかなと考えてた矢先、テント受付をしてる方が私達もマイナーピークへ行きますと!!マイナーにまさかの別パーティー!向こうもそう思ったようだ。お互いの朝の検討を祈って挨拶を交わす。これで同ルート下降も消えたなと思った。

まだ時間が早いのでテントで呑んでるといつのまにか寝てしまう。16時そろそろ飯でもと起きてテントの外に出てみると先程のパーティーがどうやら偵察へ行ってたようで、状態を教えてくれた。かなりガレてて悪く明日は覚悟して行った方がいいですよみたいなことを言われた。

ん〜、そんなこと言われるとちょっと気になるなー。自分の偵察した見立てではそんなに悪くないと思ったんだが…。じゃあ俺らも偵察にでも行くことにした。時間はすでに16時過ぎ、急いで支度して三ノ沢へ向かう。まずはトラバース地点までのガラガラで濡れてるルンゼを登る。取付き手前でワンポイント難しいところがあるがアプローチシューズのままノーザイルで取付きのビレイ点まであがる。錆びたハーケンだったかボルトだったかあった。

ここでザイルをつけてアプローチシューズのままトラバースへ入る。浮石だらけだがうまくルーファイすれば途中にピンは出てくるし、そんなに悪くは感じなかった。

せっかく来たついでに1ピッチ目をフィックスすることにする。明日のために浮石やガレをクリーニングしながら途中ハーケンを1本打ち足して滝上までトラバース。高巻き完了。ハーケンなどで支点つくり、ロープをフィックス。ヘッ電出す前にテン場へ戻ることができた。

メンバー:t.o、ken

滝谷出合〜四尾根 2019夏

2019/08/10〜11

当初は4日間で滝谷出合〜四尾根登攀後北鎌尾根へ継続(横尾まで降りてそのまま槍ヶ岳北鎌尾根)の予定で入山したが…。(結果的には北鎌はやらずに下山することに)

途中のSAで仮眠しながら8:30頃にやっと新穂高温泉に到着。日頃の疲れと睡魔には勝てずだいぶ遅くなってしまった。

運転の疲れもあってのんびりと支度して9時半過ぎに出発

滝谷出合到着はお昼頃に。登攀装備を身に付けいざ滝谷の中へ

雪渓の横や上を行ったり、ブリッジを潜ったりしながら進む。

長いブリッジの潜り、雪渓と壁のコンタクトラインを歩き、雪渓が切れ残る雪渓も薄いことから一旦川底へ降りることにした。高さもあることから安全を取って懸垂することに。支点は雪渓で。雪の隙間を広げうまくロープを回した。いざ降りようとしたその時!

その時ポッケを触ると、そこに入れてたはずの携帯がない!!!アチャー!!やっちまったー!落としたみたいだ。

さっき潜ったブリッジの下の下の石ころや流れ、雪渓の脇や上を探してみるが見つからない。何度か往復して探してみたがやはり見つからず、しょうがなく諦めて先を進むことに。これで北鎌尾根への継続は無くなった。時間も1時間少しロスすることに。(kenには申し訳ない)

携帯を失くしたために自分が撮った写真も無くなってしまった(そのため写真が少ないです)

気を取り直して先を急ぐ。目の前には雄滝が。

雄滝雌滝の前には大きな雪渓があり下からは取付なさそうなので雪渓の上から行くことにする。雪渓の末端まで行きそこからクライムダウンするつもりで恐々雪渓を先まで行くと途中ドンと足元から大きな音が!終わったと思ったが 運が味方してくれたようだ。一度引き換えしラインを少し変え再び雪渓の先へ。今度は無事に末端まで。後続のkenから私の後ろにピシッと亀裂が走ったとのこと!

雪渓の末端をバイルを使ってクライムダウンして滝底へ。ザレを慎重に登り雄滝高巻きの取付へ

ラインは読めてるのでこの先のことも考えるとここはクライミングシューズよりもアプローチシューズの方がいいだろう。雪渓の処理を考えたこともあって私だけ登山靴で入ったこともありここはアプローチシューズを履くkenに1ピッチ目を任せることにした。私は登山靴のまま進む。

すぐに1ピッチ目が終わり、そこから先は以前にも登ってる私がリードする。

1ピッチ目フォロー中の私(ここは登山靴で)

落口までトラバースしてるところ。携帯紛失の凹みか4日分の荷物が重い。

さっきまで登ってきた雪渓を覗く。この時期は雪渓の状態とその処理が肝である

雄滝をサクッと終わらせ、次は滑っていかにも滑りそうな滑滝へ。

さすがにここはクライミングシューズに履き替える。私リードで取り付く。途中残置ピンで1本ランナーを取ったあと濡れたスラブをランナウトに耐え突破する。全荷背負ってではなかなかの厳しさだが楽しい。

ここで先行がいることに気づく。滑滝3ピッチ目でその先行パーティーに追いつく。男女のパーティーのようだ。その先行パーティーのフォローの女性が登るのを待って、ここでkenにリードを交代して登ってもらった。

滑滝を突破し、その先の雪渓で先行パーティーが悩んでるところをお先に行かせていただいた。雪渓と壁のコンタクトラインを慎重に進み雪渓の上に出ると目の前には滝谷の合流点

C沢に入るころには途中のトラブルもあったせいでいい時間になってしまった。我々はヘッ電残業覚悟でスノーコルまで進むことにした。案の定スノーコル手前で日が沈む。暗闇の中ルートを探す。野生の感でなんとかスノーコルへ。テントを立て酒と食事で喉を潤し腹を満たす。テントを担いできたおかげで快適な夜を過ごせた。

2日目:明るくなるころに登攀再開。天気は良さそうだ。つるべで順調にロープを伸ばす。途中下を覗くと昨日のパーティーが上がってくるのが見えた。昨日は合流点でビバークだったのだろうか。

4日分の全荷を背負っての登攀はそれなりにしんどい。慎重になる分時間もかかってしまう。

それでも10時過ぎくらいには稜線に抜けることができた。途中の穂高岳山荘で少しゆっくり休憩して、明るいうちに新穂高温泉へ戻ることができた。

すぐにロープウェイ乗場横の派出所にiPhoneの保証を受けるための紛失届を出した。これで一安心。

このあとの剱岳山行では携帯にバンジーコードを付けたのはいうまでもない

滝谷出合〜四尾根(新穂高温泉〜滝谷出合〜四尾根〜穂高岳山荘〜新穂高温泉)

メンバー:t.o・ken