カテゴリー別アーカイブ: 無線機

中国製 BAOFENG     トランシーバ 改造申請     USB接続          スペクトラムアナライザー

BAOFENG製のUV-9R plus 2台、UV-5RA 1台のアマチュア無線の       免許の申請をしました。申請には日本の規格に合致していることを証明せねばなりません。改造申請になります。改造申請は1回に4000円の料金がかかりますが、台数の制限はありません。一度に何台でも申請できます。

そこで、必要となるUSB 接続のスペクトラムアナライザーの登場です。eBayで8,000円で購入しました。               本物のアナライザーは120万円もします。          送信電波を分析する機械です。                    送信周波数に対してどのような種類の余分な電波を      発しているか、グラフにして確認します。

いじくってるうちにコンデンサがパンクしてしまいました。入力信号を10dB以下にしないと壊れます。

10V 1000μF×2個  Φ8.0 ℓ12.0 側波の信号処理用             3回 25Vに交換しました。

25V 100μF       Φ6.0       ℓ8.0   測定周波数中心処理用   2回交換しました。

 

145MHzを発射し、140MHz~450MHzを測定しました。     3次高調波 145×3=435MHzまで測ります。

 

430MHzを発射し、400MHz~1.3GHzを測定しました。     3次高調波 430×3=1.29GHzまで測ります。

1次波を何とかして-10dBに収めたくいろいろ設定をいじくりました。SAMPLE数と増幅指数を変化させると-10dBに収まってきました。DELLのジャンクPC(1,500円)、OSはWindows7pro 32bitを使用しました。

デュプレクサ3個と144MHz帯バンドパスフィルタ、コモンフィルタ(50Ωの電線をフェライトコアに3回巻き付けただけ×8個)を駆使して高調波を消去しようとしていますが、消えない、が、 しかし、余分なノイズは完全に消し去ることができています。   無線機本体の性能が劣り高調波が出てしまっています。

スプリアス規格をクリアするには、高調波までの差分が-60dB 以上ないと申請が合格しないんです。免許を取ることができないんです。接続方法は、パソコンにUSB接続しました。

取り扱い説明書にはスプリアスの強度がー60dB未満とあります。 申請にあたりこれらのBAOFENGの機械は信ぴょう性がなく、 測定の仕方により申請が失格することがあります。また、保証を発行している会社では、疑義をお持ちで、完全にこれらをクリアする値のデータを提出する必要があります。

どうやら、免許が取れるようです。今年の正月からはじめて、 ほぼ1年がかりでした。途中偏頭痛が5か月近く治らず、測定作業が止まってしまっていました。山に出かけることが出来ず、     高所順応することもなかったので片頭痛は人生最大の     痛さでした。片頭痛の原因は酸素分圧にあり。

UV-5RAは1台3000円くらいです。防水ではありません。

UV-9R plus 少し高く4~6000円くらい。一応IP67坊水ですが、電池ケースにゴムのパッキンはありません。