Repair Beacon

A battery case and A  Marble
壊れたビーコンが部屋に転がってました。
さて、どうやって直そう?

電池ケースを仕入れて、半分に割って、削って、
本体内部の腐ったプラスティックを削りとり
電池ケースの角が丸い本体にぶつかりました。
本体にアナを四角く2個開け、納まりました。
グルーガンで穴埋めしました。

スイッチが壊れてました。
プラスティックの加水分解で仕方なかった。
スライドスィッチを押し込むビーズ玉1個、直径4.0㎜。
接着剤でくっつけて、スライドスィッチが
動くようにしました。
Finding by TRACKER

二日間動かしていて、どうにかこうにか
また動き始めました。

送受信できています。
DSC_0007[1]

自宅でのメインビーコンのテストに
十分使えます。

ジャンクルームに転がってた期間は
1年10か月、、、、、。

Welcome Janck Room

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です